トップバッターは西荻の“顔”、「こけし屋」。~GW特別企画 はるえもんの西荻案内|アンダンテ西荻教育研究所

お問い合わせ

電話番号

電話番号

電話番号

電話番号

ブログブログ
  • HOME
  • ブログ
  • トップバッターは西荻の“顔”、「こけし屋」。~GW特別企画 はるえもんの西荻案内

新しい記事

トップバッターは西荻の“顔”、「こけし屋」。~GW特別企画 はるえもんの西荻案内

さて、「西荻窪といえば」のトップバッターは・・・・悩みましたが、やっぱりここでしょう。

こけし屋Photo

西荻窪の、老舗中の老舗。

まず、1階がケーキ屋さんです。今日び、このサイズのケーキを300円前後で買えるっていうことが、うれしいです。お味は「昔ながらのケーキ」。お土産の焼き菓子もあって、個人的には「レーズンパイ」が私は好きです。(しかし、世の中にはレーズン嫌いの方も結構いらっしゃるので、ご注意)

2階は喫茶室。いまどきの「カフェ」ではなく、由緒正しい「喫茶室」です。ちびっ子連れで行くのはお勧めしません。携帯電話の通話もNGです。一人でお茶を飲んでボーッとしたり、ママ友とおしゃべりするのにはいいかも。

3階のフランス料理レストランは、松本清張など地元の著名人・文人が愛したというエピソードには事欠きません。1度だけ入ったことがありますが、私にはちょっと味付けが濃く、ボリュームがありすぎました。が、味云々の問題ではありません。巷ではフレンチもカジュアルなお店が増えましたが、ここは古き良き正しき「フランス料理店」です。こんなお店で、たとえば、お子さんの卒業祝いとか、“よそ行き”のお食事をするのって、いいんじゃないかなと思うのです。思い出にも残るし、“マナー”を教えるいい機会もなるのではないかと。大人になって、いつかホテルのレストランなどでフルコースの食事をする機会が巡ってきたとき、子どものうちに家族で経験してると、きっとドギマギしなくて済みます。(子ども向けマナー講座とかやったらどうかなぁ?)

銀座や六本木でフルコースを食べることを考えたら、ずっとお手頃な値段なのでしょうが、それでも非日常であることは間違いなく、普段着のお食事をするなら、「別館」のテラスレストランへ。こちらは手軽な「洋食屋さん」兼「喫茶店」です。

特筆すべきは、この別館前の広場で毎月第2日曜日午前中に開かれる「グルメの朝市」。美味しいものが出店にならぶという、これも西荻名物。一度行ってみようと思いつつ、いまだ実現してないですが。

というわけで、そう、

決して小洒落てもいないし、「かわいい♪」とも「ヘルシー」とも無縁な、トレンドの蚊帳の外、昭和チックなお店です。

だけど、西荻を西荻たらしめている大切な存在、西荻窪の昼間の「顔」は、こけし屋に違いありません。(ちなみに、西荻の夜の「顔」は、まちがいなく「戎」でしょう。)

*カフェ、レストラン、パン屋さん、ラーメン屋さん、・・・・送り迎えのパパママが使えそうな西荻窪のお店を、引き続きご紹介していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ようやく体調も生活リズムも戻ってきました。やりたいことや、やらなければいけないこと、いっぱいありますが、時間、環境、金銭、能力、・・・・いろいろなものが不足していて、思いだけが空回りしている感じです。

ひとつひとつ、できることから、ですね。

あなたの応援クリックを励みにします。

↓↓↓

★この記事を面白いと思った方、当ブログを応援してくださる方は、

にほんブログ村 教育ブログへ本日も1クリックをよろしくお願いします。

【にほんブログ村 教育ブログ】へリンクし、人気ランキングの1票となります。

*当ブログ上の情報およびコンテンツの著作権は全て筆者に帰属します。
*トラックバックは歓迎♪

アーカイブ

アンダンテ西荻教育研究所

アンダンテプリモ