見るのはココよ(1)~プロローグ~|アンダンテ西荻教育研究所

お問い合わせ

電話番号

電話番号

電話番号

電話番号

ブログブログ
  • HOME
  • ブログ
  • 見るのはココよ(1)~プロローグ~

新しい記事

見るのはココよ(1)~プロローグ~

先生方の研修に講師として呼んでいただいたときなど、自閉症やアスペルガー症候群の子どもたちの「見え方・聞こえ方」を理解してもらうために、あるビデオ映像をお見せしています。

それは、私が北京動物園にパンダを観にいったときに撮影したもので、

1.私は中国語がほとんどわからない。 

2.私がそのデジタルビデオカメラを買って初めて撮った映像で、操作に慣れておらず、へたくそ。

という条件の下、「自閉症の人の困り具合」を体感できる貴重な映像となっております(?!)

~映像の内容~

休日の動物園とあって込み合っているうえ、周りは意味を解せぬ外国語のため、声は「言語」としてではなく「音」としてしか聞こえません。唯一友人の声(日本語)だけが頼りなのですが、マイクを通すと全ての音を拾ってしまうので、ざわざわガヤガヤ非常にうるさく耳障り。自然と、漢字の案内表示や、万国共通のマーク、何度も見たことのあるロゴ、キャラクターなどに目がいき、異様に親しみと安心感を覚えます。(視覚情報のありがたみと、看板やロゴを好む自閉っ子の気持ちがわかる・・・)

友人が「あっ、パンダいたよー!」と離れたところで呼ぶのですが、ビデオカメラをうまく扱えない私は、なかなかそのパンダをキャッチできない。人々の頭や、笹の葉っぱなど、まるで関係ないものを捕らえてしまう映像。やっとパンダを視界にキャッチしたかと思いきや、今度はうまくフォーカスできない。拡大しすぎて、白と黒の毛のふさふさを映すものの、それがパンダの背中なのかお腹なのかさえ区別できない・・・・。

というような感じで、全然「自閉症」と関係ない映像なので、初めはキョトンとされます。

今日、この映像の話を持ち出したのは、彼らの「どこを見たらいいのかわからなくなる」「適度な範囲に視界を切り取れない(見る範囲が狭すぎたりする)」といった困難さを前提に、どんな配慮をしたらいいのか考えてみたかったのですが、本日時間切れ。続きはまた次回ということにいたします。

(明日書くつもりですが、出張を控えているため、ひょっとすると来週になるかも。その際はご了承ください)

にほんブログ村 教育ブログへ←この記事を面白いと思った方、当ブログを応援してくださる方は、1クリックをお願いします。【にほんブログ村 教育ブログ】へリンクし、人気ランキングの1票となります。

*当ブログ上の情報およびコンテンツの著作権は全て筆者に帰属します。
*トラックバックは歓迎♪

アーカイブ

アンダンテ西荻教育研究所

アンダンテプリモ